キャッシュディレクトリのパーミッション(属性)を確認して下さい。 不動産担保は債務整理のリスクとなりえます。 : 不動産担保ローンまとめサイト

債務整理を行う際、不動産担保ローンを利用していると、様々なリスクを負う可能性がありいます。

不動産担保ローンまとめサイトメイン画像

不動産担保は債務整理のリスクとなりえます。

不動産担保ローンを利用すると、債務整理の手続に悪影響を及ぼす可能性があります。

先ず、任意整理での交渉が困難になります。

不動産担保ローンを契約すると、相手方には「抵当権」がつきます。

担保として不動産を握っているわけですから、当然ながら、任意整理の交渉もかなり強気な対応になります。

次に、民事再生の住宅貸付債権特別条項が適用されなくなります。

借金が高額でも、民事再生手続きを行えば借金額を大幅に減らすことができます。

同時に住宅ローン特則を利用することで、住宅を手放すこと無く、負債状況を改善していくことができるのですが、住宅に住宅ローン以外の担保権が設定されていると、この住宅ローン特則が利用できなくなってしまうのです、、、。

つまり、不動産担保ローンを利用していると、住宅を手放さないで負債状況を改善していく術が無くなってしまうのです。

不動産担保ローンの利用は、債務整理にリスクを及ぼすことを理解しましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright 不動産担保ローンまとめサイトwww.parchmentwestlake.com.